組織・沿革

2011.05.15 任意団体 ファブラボ鎌倉 設立

​慶應義塾大学田中浩也教授と渡辺ゆうかにより神奈川県鎌倉市扇ガ谷の秋田から移築再生された建造物を借り受け地域資源を活用しながらデジタルファブリケーションの可能性を模索する東アジア初のファブラボとしてファブラボ鎌倉の活動を開始。

2012.01.01 合同会社 ファブラボ・カマクラ設立

任意団体から法人格を持ち法人との事業を開始。渡辺ゆうかがファブラボ代表となり、

​コミュニティーラボとして、地域と連携しながらの学び合い、国際連携を進める。

2015.07.01 合同会社から一般社団法人 国際STEM学習協会に組織変更

テクノロジーを用いたこれからの「新たな学び」を加速させるため、法人格を一般社団法人に変更し事業を開始。スタンフォード大学、慶應大学と連携し開催した国際会議

Fab Learn Asia 2015を実施。国内外のファブラボや教育機関、企業、行政の垣根を越えたプロジェクトを展開し始める。

2021.05.15 ファブラボ鎌倉 設立10周年

START

2011

2012

2015

2021

© GLOBAL STEM LEARNING ASSOCIATION, JAPAN